見た映画

ダラス・バイヤーズクラブ』 http://www.finefilms.co.jp/dallas/

監督     ジャン=マルク・ヴァレ 脚本    クレイグ・ボーテン  メリッサ・ウォーラック 

 

出演者     マシュー・マコノヒー  ジェニファー・ガーナー  ジャレッド・レト

 

いきなりだけど、実話をもとにした映画ってのは苦手だ。とくにダメ主人公が改心して人のために生きるってのは。2時間の枠に収まるように、とんとん拍子で善人になり、ラストではとってつけたように、字幕で「〇〇は何歳で人生の幕を閉じた」だの「その後何年に〇〇法が施行された」だの。あれをみるとどうにもテンションが下がってしまう。

 

さてこの映画について言えば…よかった。今までグダグダ述べてきたことはなんなんだって話なんだけど、でもおもしろかったよ。この映画はまさに上に描いたような実話モノに苦手な点にぴったり合ったシロモノで、やっぱりそこは気になった。それでも楽しめたのは、演出とか役者とか好みだったからかね。