読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若竹七海「暗い越流」

 

暗い越流

暗い越流

 

軽い語り口ながらもどこか苦い短編集。ブラックな部分は好みだが、肝心の事件などはまあまあかね。ベストは「狂酔」。

 

「狂酔」

---酒におぼれた男には、児童誘拐事件の被害者となった過去があった。その事件の裏には教師であった父親の影が---