読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名前を呼んでおくれ――水元ローラ『近づいたり 離れたり』

 

 ひとりだけ、皆と違う名で私を呼ぶ人物。気が付けばその人のことを心のどこかで意識していた。「名前」にまつわる17組の男女の恋愛オムニバス。

 

題名通り、男女の近づいたり離れたりをそれぞれ違うシチュエーションで書ききった力作。

とくに、後半になるにつれてトリッキーな構成のお話も増え、作者の引き出しの多さに驚かされる。

なにか目新しさがあるような作品ではなく、既視感のある展開もいくつかあるが、オチや後味の良さ・悪さもバラエティにとんでいて飽きさせない。