表情がたまらない――磯谷友紀『海とドリトル』

 

海とドリトル(1)

海とドリトル(1)

 

 登山中に出会った怪しげな二人組。彼らは海洋動物の研究者であった。勢いのまま彼らに同行してしまった主人公は、初めて体感する未知の世界へと魅かれていく。

 

主人公がなかなかに感情豊かで、そのコロコロと変わる表情を見てるだけで面白い。

お話としては人物紹介+さわり、といった感じで、生き物との触れ合いがメインになるのか、あるいは主人公を取り巻く人間関係を描かれていくかはこの先の楽しみか。

いやあしかしうらやましいよねえ、こういう大学生活というかゼミ生活は。