これぞテンプレというか――福田幸江/吉城モカ『僕はコーヒーがのめない』

 

僕はコーヒーがのめない(1) ビッグコミックス

僕はコーヒーがのめない(1) ビッグコミックス

 

 飲料大手TDCのお地蔵社員こと花山。コーヒーを飲めない彼がなぜか、コーヒーを扱う新プロジェクトのメンバーにされてしまう。リーダーの加賀谷は、アドバイザーとして有名なコーヒー会員組織の主宰を招へいする。

 

表紙見て学生かと思ったら立派な社会人であった。

最近のグルメ漫画といえば、「めしばな刑事」などいわゆる俺ルールを披露する作品がブームになっているが、この作品ではあくまで知られざる、けれどもコーヒー通にはあたりまえな常識を紹介する構成となっている。

お話自体は「美味しんぼ」を思い起こさせるような、テンプレ通りの進行。主人公のキャラづけに特異性はあるが。

物語としての魅力が乏しいので、これだとコーヒーについての活字の本を読めばいいんじゃないかと思ってしまう。